【速読】読書の管理アプリ「読書メーター」「ブクログ」「ビブリア」を比較まとめ!

今回の記事は、読書の管理アプリやサービス比較をまとめました。読書の管理アプリやサービスにはそれぞれ特長があり、目的や好みにあわせて選ぶことできるほど、選択肢が豊富です。

私は、速読生活になって増えてきた読書量を整理するのに、最適な読書の管理アプリやサービスを探していました。

今回は数多くある読書管理サービスの中でも、読書管理の検索上位に出てくる「読書メーター」「ブクログ」「ビブリア」を調べてみました。一緒に最良の読書管理アプリを探してみましょう!

読書の管理アプリ「読書メーター」「ブクログ」「ビブリア」の基本情報

まずはそれぞれの基本情報から確認していきましょう。

読書メーター

対応:PC、iphoneアプリ、Androidアプリ
https://bookmeter.com/

読書メーター - 日々の読書記録と読書コミュニティ
読書メーター – 日々の読書記録と読書コミュニティ
無料
posted with アプリーチ

画像出典:itunes store「読書メーター」

◆読書量を グラフで記録・管理
◆本棚や新刊お知らせなど 便利機能も
◆バーコード連続読取で 登録も簡単
◆新たな本や 読書仲間に会える

こんな人におすすめ!
・本が好き(小説・漫画、エッセイ・雑誌 etc etc)
・同じような趣味の人と交流したい。読書仲間を見つけたい。
・似た趣味の人がどんな本を読んでいるのかが知りたい。
・蔵書の管理をしたい。
・読書のモチベーションをアップしたい。
・読んだ本の記録をつけたい。
・自分の好きな本をおすすめしたい。
・読んだ本のレビューを書きたい。
・他の人のレビューを読んでみたい。
・読書記録を長続きさせ、読書を習慣化したい

ブクログ

対応:PC、iphoneアプリ
https://booklog.jp/

ブクログ - 本棚/バーコード/読書管理
ブクログ – 本棚/バーコード/読書管理
開発元:Booklog,Inc.
無料
posted with アプリーチ

画像出典:itunes store「ブクログ」

【 アプリの機能 】
◆ホーム(フォローしたユーザの本棚や、いいね、レビューが流れてきます)
◆本棚の非公開機能
◆本/電子書籍(Kindle)/音楽/映画/ゲームなどの管理
◆読書状況の設定
◆評価(5段階)
◆レビュー・口コミ・感想・書評の登録
◆レビュー(口コミ / 感想 / 書評)の閲覧
◆気になる本棚をフォローする
◆フォローしている本棚、フォローされている本棚の一覧
◆バーコードリーダーで登録
◆シェア機能
◆ランキング
◆新刊情報
◆パソコン版、スマホ版など他のデバイスでもデータを同期
◆本棚デザインの変更

【 これらに “ひとつ” でも当てはまる人にオススメ! 】

■本が好き!
■小説も、漫画も、エッセイも、ノンフィクションも、ビジネス書も好き!
■持ってるマンガを間違えて買ってしまったことがある
■気になる本を見つけたから口コミ情報をチェックしたい
■図書館で借りた本、実家に置いてある本も管理したい
■本の好みが合う人と交流したい
■人におすすめされた本のタイトルを忘れてしまう
■大好きなラノベの感想を書きたいし、みんなのレビューも読みたい

読書管理ビブリア

対応:iphoneアプリ

読書管理ビブリア
読書管理ビブリア
開発元:Keisuke Uchida
無料
posted with アプリーチ

画像出典:itunes store「読書管理ビブリア」

「ほんとの出会いを記憶する」読書を支えるアプリ
◆シンプル・さくさく・かんたんに本を管理!
◆本のバーコードをスキャンして素早く登録!
◆メモ・感想・気になるページ番号らくらく入力!
◆読書量が一目で分かる!

ビブリアの特徴
■読書の記録を素早くかんたんに
■バーコードスキャン
■読みたい本の記録
■読書メモ・感想入力
■読書データ
■SNS連動
■賢者コメント
■本のバックアップ・復元
■ブクログ・読書メーターと連携

本棚画面|読書管理アプリ比較

読んだ本が一覧できる本棚画面は、読書のモチベーション維持に重要な箇所です。

読書メーター

「読んだ本」「読んでいる本」「積読本」「読みたい本」とわけた表示です。

本を登録する際に、選ぶことができます。

全ての本を総括した「本棚」は手動でつくるしかなく、そこは不便な点です。

ブクログ

登録した本すべてが表示され、さらにコメントをつけた本の下には、★マークや吹き出しなどがつき、読書の状態がわかります。

ビブリア

一覧で一番多くの書籍を表示されるのが、ビブリアでした。

ただし、読書状態(読み終わったのか、読み途中なのか)は、この一覧表からは判断できません。

リスト表示も可能です。

登録のしやすさ|読書管理アプリ比較

アプリに本を登録する。そのしやすさは重要な部分です。面倒だと続かなくなります。

読書メーター

バーコード読取機能と書名検索。読書メーターのバーコード読取は精度も高く、連続登録も可能。一番認識早かったです。

ブクログ

バーコード読取機能と書名検索。連続読取はできません。

ビブリア

バーコード読取機能と書名検索。バーコードでの連続登録も可能。

感想画面|読書管理アプリ比較

感想画面の表示内容も確認していきましょう。

読書メーター

255文字の文字数制限。ネタバレに配慮機能あり。コメントは改行してましたが、実際の表示は改行がなくなっています。

本ブログへのURL記載は自動リンクされました。

ブクログ

こちらは5段階評価+コメントをつけられます。ネタバレに配慮機能あり。改行も忠実に表記されています。

こちらも本ブログへのURL記載しましたが、リンクはされませんでした。

ビブリア

こちらも5段階評価+コメントをつけられます。(画面下部に★マークがあります)

ファーストビューで全ての確認ができないのが難点。

他の読書家さんとの交流|読書管理アプリ比較

読書感想が書き終わったら、その本への他のユーザーさんの感想も気になりますよね。

読書メーター

可能。交流が活発。新規登録後、一日経たずして、複数のユーザーさんから「いいね!」をいただきました。

ツイッターのような雰囲気です。

ブクログ

可能。どちらかというとアマゾンレビューのような雰囲気です。

ビブリア

不可。自分のスマホで完結するタイプ。evernoteのような雰囲気です。

その他|読書管理アプリ比較

それぞれのアプリにしかない特長がありましたので、そちらもご紹介します。

読書メーター

共読機能があります。自分が登録した本へ、他の方の感想がタイムライン形式で読めます。ここで「いいね!」やコメントがつけられますので、交流が盛んに行われる設計になっています。

ブクログ

amazonアフィリエイトの設定ができます。自分が紹介した本をページ来訪した方が購入すると、何%かの報酬を得ることができます。

ビブリア

他のサービスとの連携が充実しています。ブクログも読書メーターもカバーしています。

方向性|読書管理アプリ比較

それぞれのアプリ・サービスの方向性が見えてきました。

読書メーター

読者同士の交流に重きを置いた設計。自分が読んだ本を元に他のユーザーさんや関連本のつながりができます。

ブクログ

新しい本との出会いがメイン。ユーザーさんのコメントを参考に、本を購入できる設計。自分のコメントは誰かの本購入の手助けになります。

ビブリア

自分のためだけに徹底された管理アプリ。スマホでの操作に絞っているため、一番見やすい。他のサービス連携で、交流も可能です。

まとめ|読書管理アプリ比較

私はこのブログでの書評をもとに、多くの方と交流したい、多くの方にこのサイトに来てほしい、と思っています。

  • 交流が気軽で盛ん
  • ブログへのリンクが張れる

といった点で「読書メーター」が一番気に入りました。

読書メーター

対応:PC、iphoneアプリ、Androidアプリ
https://bookmeter.com/

読書メーター - 日々の読書記録と読書コミュニティ
読書メーター – 日々の読書記録と読書コミュニティ
無料
posted with アプリーチ

読書管理サービスはそれぞれの特長があり、みなさんの目的にあわせて、最良のサービスを選ぶことができそうです。

私はしばらく3つを平行して使ってみます。またしばらくしたらレポートします!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す