まだ私が幼稚園のころ、おばあちゃんによく連れられてきた花やしき。
周りの大人の真似をして、我慢して頭にもっていった浅草寺の煙。
小学生のころ、すこしおしゃれな格好をして行った、ビューホテルのディナーブッフェ。

東京の下町で育ってきた身としては、
子供のころのなんかしらの思い出に、浅草の地はよく登場します。

子供のころに連れられていった浅草に、
今は自分が親になって子供をつれていく。

なんとも不思議な感覚ですが、
今も昔も、浅草は子供向けの観光地ではないため、
子供にとっては、気持ちを少し背伸びさせてくれるのが浅草
かなと思っていて、そんな街全体の雰囲気を味わってもらいたくて、浅草にはふらっとむすめを連れて行きます。

 

というわけで、みなさんにもご紹介!

下町育ちが厳選する!子連れで行く浅草の定番から穴場スポット

まずは遊び場から!

遊び場なら・・・

1 スマートボール 三松館

住所:東京都台東区浅草2-9-13
営業時間:12:00-19:00(土日のみ)
料金:300円から

スマートボールとは
スマートボールは、バガテルやピンボールから派生したもので、さかのぼればビリヤードと共通の原型を持つ。
出典 : wikipedia

パチンコを斜めに寝かせた台に、ビリヤードのキューのようなものでガラス球を手打ちし、台の中心部分にあるいくつもの穴にうまく入れば、その穴の上部に記載された数字分の玉が払い出される仕組みです。

1回300円で75玉がもらえますが、ひとつひとつ手打ちで遊んでいくので、なかなか減りません。 もちろん払い出しもしっかりありますので、うまくいくと盤面が払い出されたガラス玉で見えなくなる事態も。笑。

単純な仕組みですが、何となくここを狙って、このくらいの力加減で打てばいいんだな。
ってことがわかってくるので、こどもにはちょうどいい難易度だと思います。

 

土日だけの営業なので、ご注意ください。 

 

 

2 花やしき

住所: 〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1
営業時間:10.:00-18:00(天候により早めに閉園あり)
料金:

○入場料 大人 1,000円 未就学児 無料
○乗り物券 1枚 100円

ホームページ : 花やしき

 

非常にコンパクトなつくりで、こどもが遊ぶのにちょうどいい広さです。 アトラクションも安心・安全なものばかり。のんびりした時間が過ごせます。

下町の食卓を駆け抜けるジェットコースターこと、ローラーコースターは110cm以上の身長制限があるので、ご注意。

 

私がオススメなのは、ビックリハウス。

私がこどもの時もあった衝撃のアトラクション。むすめも同じように、このビックリハウスを経験しましたが、ここのトリックをもっと知りたくて、すぐにもう一回入りたいたい!と言ってました。笑。

 

4歳までのお子さん連れの家族には、こどもの同伴者乗物料金が無料になる嬉しい特典もあります! 

 

スマートボールと花やしきとの間は徒歩1分程度の距離。

はしごで遊ぶことも十分可能です!

▼花やしきは「dエンジョイパス」でお得に利用できます▼

【見どころ編】はこちらから

【浅草】下町育ちが厳選する!子連れで行く浅草の定番から穴場スポット【見どころ編】

2017.09.25

【食事編】はこちらから。

【浅草】下町育ちが厳選する!子連れで行く浅草の定番から穴場スポット【食事編】

2017.09.26

 

こどもと素敵な時間が過ごせますように!

けん










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す