【池袋・子連れ遊び】防災館の予約方法、防災体験ツアーの流れ

​先日、池袋周辺で私と子どもとで少しだけ遊べるところを探していたところ、
「防災館」なる施設を発見しました。

正直なところ、全然期待しないで行ったのですが(失礼)
「防災館」実によかったです。

池袋の子連れ遊びスポットをお探しなら、
「防災館」も選択肢に入ってきますよ!

防災館利用方法

防災館の防災体験は、インストラクターの方が各施設を案内してくれるツアー型です。

防災体験ツアー時間

基本コースとミニコースがあり、時間帯が異なります。

 基本コース時間帯(所要1時間40分)
  1. 午前9時30分~11時10分
  2. 午後1時00分~2時40分
  3. 午後3時00分~4時40分

 ショートコース時間帯(所要50分)
  • 午前11時10分~12時00分

私たちは基本コースを選びました。
5歳のむすめが1時間40分を飽きないでいられるか心配でしたが、全く問題ありませんでした。

防災体験ツアー 申し込み

電話で申込みました。
非常に丁寧な案内でほっとしました。
体験ツアーの申込状況は池袋防災館HPで確認できます(基本毎週月曜日更新)

防災館の混雑具合

日曜の午後1時からの回を申し込みました。
ツアーなので、他のグループの方と一緒に参加します。
私たちの他に4組の家族。お子さんは3歳くらいから中学生くらいまで、でした。

また、ちょうどガールスカウトの団体予約と一緒でしたが、
一般申込班とガールスカウト班の2班体制にしてくれたので、
ストレスなく体験することが出来ました。

防災館でできること

防災館では楽しみながら、
いざというときのための防災体験ができます。

防災体験ツアーの流れ

短編映画上映「マイ・ホームワーク」(20分)

出典:東京消防庁

出典:東京消防庁

こういった施設の映画って微妙なことが多いですよね。
でも、この映画はちょっと違いました。
3人組のこどもたちが、
「東日本大震災」「阪神淡路大震災」「関東大震災」へタイムスリップするアドベンチャーもの。
むすめが好きな絵本「わんぱくだんシリーズ」にも通じるものがあり、
むすめも集中してみていましたが、私もその世界観に入り込んで見入ってしまいました。
「マイ・ホームワーク」の評判
「マイ・ホームワーク」を調べてみると、
ルミエール・ジャパン・アワード2014特別賞を受賞!!
とあり、いいものを見せてもらった感が更に増しました。笑。

消化体験

消化体験コーナーでは、スクリーンに映る火を消火器で消す体験ができます。
消火器の種類や、消火器の使い方、出火の原因についても楽しく学ぶことができます。

補足
消化体験は小学校4年生以上から。
5歳のむすめは「火事だー!」と知らせる係をやってくれました。 

煙体験

あるマンションを想定した本格的な施設です。
火事が起きたとき、煙はどんな動きになるのか、私たちはどんな動きをすればよいのか、
体に安全な擬似煙の中、部屋を抜け出すまでの動きを体験できます。

地震体験

2012年3月11日にリニューアル。
大人は震度7。こどもは震度6の地震を体験できます。
震度7を体験しましたが、想像以上でした。
机につかまっているのが精一杯です。
高層ビルの長周期地震動など、
様々な種類の震動が再現されていました。
池袋防災館は横揺れの再現が出来るそうですが、
本所防災館は更に縦揺れの再現も出来るようです。

おまけも充実

防災館はこどもに嬉しいちょっとしたサービスも充実しています。

スタンプコーナー

こどもが好きなスタンプが5種類。
体験ツアー終了後にもらえるリーフレットがスタンプの台紙になっています。

記念撮影コーナー

記念撮影コーナーがいたるところにあります。

消防車カード

こちらも体験ツアー終了後にもらえます。
5枚集めると、名前が入った修了証がもらえるそうです。

まとめ

むすめは早速うちに帰って、
コンセントまわりにゴミやほこりがたまって居ないかチェックしていたり、
家具が倒れないようにするための、突っ張り棒を確認していたりと、
異常なほど、防災意識が高まっていました。笑。

でも、いいことですよね。
楽しく過ごして、こどもの学びにつながる。
日曜の昼間なのに、こんなに快適でいいのかと思いました。
しかも無料。

池袋でお子さんとどこに行こうか迷ったら、
ぜひ防災館も選択肢に。
防災館、オススメです。

防災館情報

池袋防災館
○住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-37-8

○電話:03-3590-6565
○開館時間:
通常 9:00 ~17:00(体験コーナーの最終受付は16:15 まで)
○休館日:
火曜日・第3水曜日
(国民の祝日に当たる場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月1日)
○入館料:無料
○ホームページ:池袋防災館HP

けん( @ikukenlabo )でした!










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す