こんにちは!
けん( @ikukenlabo )です!

Amazon primeというサービスはご存知ですか?

お父さんたちもネットで買い物することが増えて、聞いたことがあるかもしれません。

「amazonで買い物したことはあるけど、急いで買いたいときに申し込むサービスなんでしょ?」

「でも、有料なんだよね?
使うかどうかもわからないのに、定額制のサービスを申し込む気にならないな」

その気持ち、よくわかります!!
私もそうでした!!

8月/2回
・水泳用セームタオル
・チープカシオ
9月/0回
10月/3回
・こどものハロウィン衣装
・朝活手帳
・ホワイトボード

無料体験から有料のAmazon prime会員に切り替えても、直近3ヶ月でamazonでのショッピングは5回しか利用してない私ですが、
Amazon prime会員を辞めるつもりは全くありません。
(辞めるくらいなら、昼飯一回抜いてでも、お金を準備してもいいくらい。笑)

というわけで今回は、普段ネットショッピングをしない私が、どうしてAmazon prime会員を辞められないのか。
その理由をお話しします!

【生活】Amazonでほとんど買い物しない私が、prime会員を辞められない3つの理由

Amazon primeとは?

Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム・ビデオ、Prime Music、プライムフォト、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。
引用:Amazon primeについて

Amazon prime会員で出来るサービスは?

【買い物系】

★無料の配送特典
Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用可能。

☆Prime Now
1時間以内またはご指定の2時間便で商品が届くサービス。対象エリアのみ。

☆Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービス。ひと箱あたり290円の取扱手数料で届けてもらえる。

☆Dash Button
Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できる。

☆プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる。

☆ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典) おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典を利用できる。

☆家族と一緒に使い放題
会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員は、Amazonプライムの配送特典を無料で利用できる。

【エンタメ系】

★プライム・ビデオ
映画やTV番組が追加料金なしで見放題になる。

★Prime Music
追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービス。

【読書系】

☆Prime Reading
対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題で利用できる。

☆Kindleオーナーライブラリーの利用
対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーを利用できる。利用にはKindle端末が必要。

【その他】

☆プライム・フォト
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存可能

Amazon prime会員を辞められない3つの理由

上記サービスで「★」マークがついているのが、特に紹介したいサービスです。

毎日使えるPrime Music

ほぼ毎日使っている音楽配信サービスです。
アプリもありますので、スマホやタブレットからも利用出来ます。

邦楽関連の登録数の少なさ、ニッチすぎるワールドミュージックはほぼ無し、といった部分はこれからの改善の余地ではありますが、

洋楽関連の充実、テンションがあがるEDM、カフェBGM的なジャズ、ボサノバのプレイリストの豊富さなど、通勤時間に聞く、家族でごはんを食べているときにBGM的に流すなどなど、
生活を少し豊かにする分には充分なラインナップがPrime Musicです。

もう流行りをそんなに追っていないですし、そもそも音楽に詳しくない私なので、Prime Musicで充分な満足感が得られています。

プライム・ビデオが楽しめる

テレビCMなどで紹介される「ドキュメンタル」をはじめ、Amazon prime会員でしか見られない映画・TV番組視聴サービスです。
こちらもアプリがあり、スマートフォンで見ることが出来ますので、通勤時間の隙間時間にすぐに映像作品が楽しめます。

「ドキュメンタル」は観てほしいです。シーズン3まで出ていますが、それぞれの回で面白いです。
「有田と、週刊プロレスと」は、プロレスが大好きだった小学校中学校の頃を思い出します。プロレスはしばらく離れてましたが、今のプロレス界の動きをこの番組で知りました。いやはや、今のプロレス、面白いことになってますね!
「坂上忍流ディープな夜遊び」も地上波では放送出来ないような内容ですが、とにかく現場の活気が伝わってくる、ワクワクさせる番組です。

オリジナルTV番組も素晴らしいですが、
「Docter X」や「孤独のグルメシリーズ」、「山田孝之のカンヌ映画祭」などなど、過去のTV番組も視聴出来ます。

さらに子供向けの番組もあります!
「ディズニーチャンネル」「まんが日本昔ばなし」「映画ドラえもん」などなど、こちらのラインナップも充実です。

こども番組はテレビで見ますが、
その時はFire TV Stickを使っています。

ちなみにこのFire TV Stickはプライムビデオとの相性も抜群ですが、AbemaTVなどのサービスもはじめから利用することが出来ます。
スマホやiPadの画面をFire TV Stickを通じてミラーリングすることも出来ますので、スマホで検索した画面を、テレビを通じて家族と共有したりも出来ます。
Fire TV Stickはいい買い物でした。

プライム・ビデオとFIRE TV Stickの組み合わせで、ラジオ派の我が家に、みんなでテレビを観る、昭和的一家団欒の風景が戻ってきました。
やはりみんなで同時に同じものを見るって、面白いことですね。

プライム会員の配送特典が捗りすぎる

何か仕事上で必要なものが出てきた際、アスクルでは取り扱いがなく、かといって店舗まで買いに探しにいくほどの余裕もなく、でも近日中には必要、といったような状況で、Amazonで注文して勤務先に届けてもらう。

個人的なネットショッピングはあまりしませんが、仕事で急に必要なものが出てきたときに、
Amazon prime会員で助かった!
と思うことが、何回もありました。

やはりお急ぎ便はすごいですね。朝の通勤電車内で注文して、その日中に品物が届くことがあります。

仕事上では、「万が一の安心物流サービス」という位置づけにAmazon primeはあります。

まとめ|Amazonでほとんど買い物しない私が、prime会員を辞めない3つの理由

月額400円でこんなに生活を充実させてもらっていいのだろうかと思います。
これがネットショッピングをほとんどしない私が、prime会員を辞められない理由です。

今までAmazon prime会員は、年間3,900円の契約のみでしたが、月額400円のシステムも出来、はじめやすくなりました。
私はいつでも辞められるようにと、月額400円からはじめました。
(今は、年間会員に移行しようと思ってますが。笑)

今なら無料体験が出来るそうです!
prime会員体験がまだでしたら、この機会にぜひ登録してみてください。

何も購入しなくても、
「prime music」や「プライム・ビデオ」を無料で試せるので、まずはこの二つだけでもやってみると、こんなに楽しんでいいの?って気になれると思います。笑。

子育て世代のお父さんのお小遣いの範囲内で、生活が充実するサービス。
それが私が思うamazon primeです。

というわけで、
こどもと素敵な時間が過ごせますように。
けん( @ikukenlabo )でした。










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す