今までで、買ってよかった!と思えるものも書いていこうと思います。

前回ご紹介した『イングリッシーナ ファスト』はこちら

【買ってよかった】外食が楽しくなる「イングリッシーナ ファスト」

2017.09.20

【買ってよかった】寝かしつけられた喜び!万能すぎる「エルゴ」の抱っこ紐。

今回のご紹介する『エルゴ』は、抱っこ紐です。
子育てしていると、赤ちゃんを抱っこしながら、色々と動かなければならないことに気がつきます。
そこで登場するのが抱っこ紐。

抱っこをしているのだけど、両手が空くことになる『エルゴ』の抱っこ紐のおかげで、子育て中のできることがだいぶ広がりました!

エルゴとは

Ergobaby – エルゴベビー公式サイト | ベビーキャリア・抱っこひも

エルゴベビー・ベビーキャリアは2003年にハワイ・マウイ島で誕生しました。
抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」、「快適性」を追求したデザインは、多くのに両親に選ばれ、現在、50か国以上で販売され、たくさんの賞を受賞しています。
「もっと、ずっと抱っこをしたい」という一人の母親の思い(ベビーウェアリング)から誕生したエルゴベビー。
「ベビーウェアリング」は抱っこやおんぶで赤ちゃんを身につける(Wearing)ように、いつも一緒にいること。
このスタイルが赤ちゃんの心を安定させ、信頼感を育み、家族の健やかな成長へとつながります。

引用 About Ergobaby

振り返ってみると『エルゴ』があって救われたことが、多々ありました。
そんな『エルゴ』の万能性について、私のエピソードを交えて、ご紹介します!

寝かしつけに最強

小さいころのむすめは、奥さんが寝かしつけないと眠ることが出来ませんでした。
奥さんが寝不足で参っているときでもそうなので、

私が変わってあげたいと切に思うのですが、

私が添い寝すると全然寝てくれません。涙。

『エルゴ』は、そんな寝かしつけのときに、効果を発揮してくれました。

『エルゴ』で抱っこして、部屋を歩き回ります。
おしりのところをポンポンとゆっくりさすりながら、すこしだけハンモックのように、体全体を揺らします。
そうしばらくしていると、

だんだんとむすめがウトウトしてくるのです!

 

いけ!あともう少しだ!

 

と心の中で大いに叫び、笑、

 

 

ポンポン&ハンモックを、丁寧にストイックに続けていきます。

そうすると・・・、

 

 

寝ました!!

寝てくれました!!

ついに、私にも寝かしつけが出来ました!! 涙

 

今まで変わってあげたくても、不要扱いされていた寝かしつけですが、

『エルゴ』のおかげで、これでやっと私も、 奥さんにとっての当たり前のステージに立てたような気がしました。

ちなみに、エルゴで寝かしつけたときの注意点ですが、そのままベットや布団に移すときこそ、細心の注意が必要です。ここで油断したことにより、折角の寝かしつけが、覚めてしまったことも。涙。
ベットや布団とほぼ水平の高さまで体をもっていき、スライドするように、10cmずつくらいのスピードでこどもの体を移してあげると、ほぼ問題なく、引き続き寝ていたので、この移し方がオススメです。補足がマニアックすぎる。

夜泣きの時も

むすめは夜泣きする方ではないようですが、それでもたまに突然夜中に大泣きすることも。
ご近所さんにも、こんな夜中にうるさくしてしまって申し訳ない、という気持ちもあって、私たちの気持ちも参りはじめていました。

そんなときも『エルゴ』は助けてくれました。

私は気持ちを切り替え、『エルゴ』でむすめを抱き、夜中の散歩をすることにしました。

奥さんは家に居てもらって、疲れた体も心も少しだけ休んでもらうことにしました。

そんなことが月に1回くらいはありました。

私たちは夜中にいろんなところに出かけました。
しばらく歩いていると、子供の夜泣きも収まってくるのですが、まだまだ眠りそうにはありません。
むすめはそのとき、自分で話すことが出来なかったと思いますが、
私はむすめの「いいね!」と思うところをほめてあげたり、
奥さんのすごいところをむすめに伝えたりしながら、夜散歩をしていました。

 

後ろからみたら、だっこひもをして何かブツブツ言っている男性。

しかも夜中。

恐怖です。笑。

 

夜中空いているコンビニにいってコーヒーを買い、マックにいってまたまたコーヒーを買い、そんなはしごをしているとだんだん夜があけてきます。

ずいぶんと家から離れた公園まで来たときには、ラジオ体操が始まっていました。
せっかくだからと私も参加をし、その揺れなのかなんなのか、むすめはもう寝ていました。

家に帰ると、奥さんも寝ていました。

むすめを細心の注意でもって(笑)ベットに移し、平穏にこの夜が終わったと安堵して、私も少しだけ仮眠して仕事に向かいました。

夜泣き担当は私でしたが、

『エルゴ』のおかげで、そういった時間も前向きに楽しんでこれたかなと思います。

食事の時も

家でもエルゴでおんぶしながら、ごはんを食べたりしてました。

どうしても次郎系ラーメンが食べたくなって、

こどもが寝たすきにおんぶしながら、お店で食べたこともありました(^^;)

越谷レイクタウンのフードコートに「ジャンクガレッジ」が入っていることを知り、すごく重宝しています。

なかなかフードコートにそういうパンチの効いたお店が出ていることってないので。 

気になった点

仕方のないことですが、こどものよだれが肩紐についてしまいます。

『エルゴ』にはよだれカバーがあるので、それは別に購入したほうがよいです。

バリエーションは豊富にありますので、デザインに変化がついて、むしろよい点かもしれません。

まとめ

振り返ってみると『エルゴ』のおかげで、私の育児参加がはじまったような気がします。

寝かしつけが出来るようになって、私の育児にも主体性が出てきました。

『エルゴ』買ってよかったです!
オススメです!

 

前回ご紹介した『イングリッシーナ ファスト』はこちら

【買ってよかった】外食が楽しくなる「イングリッシーナ ファスト」

2017.09.20

というわけで、こどもと素敵な時間が過ごせますように!

けん










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す