はじめての「PayPay」「LINEペイ」「メルペイ」使い方⇒

【混雑回避】話題・人気の展示会や期間限定イベント。いつ行けば混んでないの? 上野・国立科学博物館「昆虫展」混雑予想をしてみました。

スポンサーリンク
国立科学博物館
この記事は約7分で読めます。

話題の展示会や人気の展示イベント、行ってみたいけど、混雑していたら嫌だな・・・。

その気持ちよくわかります。

チケットを買うのも行列。入るのも行列。ご飯を食べるのも、トイレにいくのも、お土産を買うのも、全部行列・・・。

私も人ごみが大の苦手で、待つくらいなら、行かなくていいや。と思ってしまうタイプ。

でも、

ホントは、

行きたいんです!

楽しみたいんです!!笑。

というわけで、今回の記事は、人気イベントの混雑状況を計測し、どのタイミングで行けば、一番人ごみを回避できるか、考えてみました!

その結果をもとに、7月13日から開幕した、 上野・国立科学博物館の「昆虫展」混雑予想も立ててみました!

スポンサーリンク

*****

PayPayとか、LINE Payとかって、どうやってはじめるの?

 

数え切れないほど選択肢が豊富なスマホ決済。

お得に活用出来てますか?

 

これから使いはじめたいかたにとっては、使い方もわからないし、そもそも、どれからはじめたらいいか迷ってしまいますよね。

 

なんだか難しそうだし、別に使わなくてもいいかな・・・

 

ちょっと待ってください。その考え、勿体ないかも・・

スマホ決済は今、大幅ポイント還元や、独自の割引キャンペーンなど、お得になることばかり。

さらに、2019年10月からはスマホ決済をはじめとするキャッシュレス決済が、2020年7月まで最大で5%還元されることが決定!

軽減税率対象品も還元されるので「結果的に増税前より安くなっている」という現象まで起きています。

 

イクケン
イクケン

使わないのは損するレベル・・・

 

 

じゃあ、どのアプリがいいの?

 

結論から言うと、スマホ決済に特化した使いやすさと、数多くの還元キャンペーンがある「PayPay」が間違いないです。

しかも今なら「PayPay」ダウンロード&銀行口座登録で、1,000円プレゼントキャンペーン中なんです!

 

イクケン
イクケン

私も「PayPay」キャンペーンから使い始めて半年になりましたが、普通に買い物しているだけなのに、こんなにキャッシュバックしてもらっていいのだろうか、という気持ちになります。

 

申し込みも簡単

すぐに使いはじめられます。

難しいことは全くありません。

本当に便利ですよ。

 

はじめてのスマホ決済ならPayPay

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
4.6
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

★注目度の高い「PayPay」と「LINEペイ」と「メルペイ」を比較してみました!

関連【一覧表有】「PayPay」と「LINEペイ」と「メルペイ」の使い方はこちら!比較まとめ!【スマホ決済アプリ】

*****

混雑の計測元は、開催3ヶ月で来場40万人突破の「人体展」

 

混雑状況を把握するために計測したのは、東京・上野の国立科学博物館「人体展」です。

開催3ヶ月で来場40万人を突破したモンスターイベントです!

入場まで最大230分待ちを記録するなど、その混雑具合でも話題になりました。

[kanren postid=”1608″]
[kanren postid=”2168″]

「人体展」の公式ツイッターは、人体展の混雑情報を、ほぼ毎日こまめにツイートしてくれていました。

「人体展」公式ツイッター

Tweets by Jintai2018

[aside type=”boader”]

Twitter

Twitter
開発元:Twitter, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今回の記事は人体展公式ツイッター( @Jintai2018 )の存在なくしては出来ませんでした。中の方に感謝です。

混雑状況計測ルールはこちら。

  • 人体展公式ツイッターの混雑ツイートを計測
  • 時間帯は4つ(午前、午後1、午後2、夜間)に区分
  • その時間帯内の最大時間を計測
  • 入場待ち・チケット購入待ち・整理券受取待ちの時間合計


上記ツイートであれば、整理券受取10分+入場待ち130分+チケット待ち15分=155分で計測しています。

このルールでグラフにしたのがこちらです!

[aside]補足
人体展会期は3月13日からですが、公式ツイッターでの混雑情報を発信開始が3月17日ですので、上記となっています。 [/aside]

元データはこちらに公開しました。
その日の時間別、最大待ち時間が見れます。
googleスプレッドシート

スポンサーリンク

混雑を回避するための3つのポイント

人体の混雑状況を数値化していくと、混雑回避方法が見えてきます。3つのポイントにまとめました。

平日に行く。ランチ終わりが快適。

この表は曜日別、時間別で待ち時間の平均を算出した表です。

時間帯でみると15:00-17:00。だんだんと空いていることがわかります。

平日に行く。そして、ランチ終わり。

混雑回避の一つ目のポイントです。

会期の早めに行く。

後半に行くにしたがって、混雑の山が高くなっています。(途中の大きな山はGW)

出来るだけ、会期の早めに行くことが、混雑回避のポイントです。

土日なら、会期前半の土曜朝。

土日じゃないと行けないという方もいらっしゃると思います。

その場合は、土曜の朝一がオススメです。

土曜の朝くらいゆっくりしたい。という方が多いのでしょう。

土日で一番混んでいないのが、この時間帯でした。

ただし、会期終盤になると、この時間ですら混み合ってきます。

6月16日(土)【最終日前日】9:30  70分待ち

6月9日(土)【最終日8日前】10:00  75分待ち

スポンサーリンク

イベントの混雑計測でわかったこと

混雑計測で感じたこともまとめました。

祝日は別格。大混雑不可避。

祝日の混雑は別格でした。特にGWの混雑はすごい。

逆にGW入りの土曜日は割りと平穏。来年のGWははじまりの土曜日が狙い目です(何を)

土曜日と日曜日なら、日曜日が混む傾向

計測前は、土曜日も日曜日も同じように混雑していると思いました。

ですが、実際には日曜の方が土曜の倍、混んでいました。

これは計測してみないと気がつかなかったことでした。

長期休みは平日もそれなりに混む

春休みなどは平日でも混んでいます。ただ、土日に比べるとまだいい方なので、平日にいけるのであれば、その方がオススメです。

会期終わりについて、どんどん混んでいく

面白いように、会期終わりに向かって、土日の最大待ち時間があがってきています。平日もわずかながら持ち上がっているのも注目点です。

スポンサーリンク

夏休みの本命イベント「昆虫展」の混雑回避予想

上記の考察をもとに、夏休みの本命イベント、上野・国立科学博物館の「昆虫展」の混雑回避時期を予想してみました。

[kanren postid=”2437″]

「昆虫展」混雑回避予想

◎本命

7月18日~20日
9月3日~10月5日までの平日

オフシーズンの平日が大本命です。

海の日後の平日は、既に夏休みの学校もあれば、まだ授業という学校もあるそうです。

開幕1週目はまだ評判が温まっていないので、混雑もゆるやかと見ています。

また、今回の昆虫展は夏休みの自由研究に持ってこいなので、夏休み後は落ち着くと見ています。

◎対抗

7月23日~8月31日までの平日(お盆を除く)

昆虫展の会期の半分は夏休みです。もし夏休みに行かれるなら、平日です。

◎三番手

9月8日(土)・9月15日(土)午前

どうしても土日でしか動けないであれば、比較的空きそうな夏休み明けの土曜日朝です。

◎穴

7月21日(土)・7月29日(土)・8月4日(土)午前

土日にしか行けないけど、子供の自由研究関連で夏休み中に行く必要がある場合、会期早めの土曜朝がよさそうです。

スポンサーリンク

人気イベント 混雑回避方法と傾向 まとめ

会期早めの平日、時間帯はランチ終わりが最高です。
どうしても土日なら会期早めの土曜朝がねらい目です。

夏休みは昆虫展をはじめ、話題のイベントが盛りだくさんですよね。
混雑を上手に回避しながら、折角のお出かけを楽しんでくださいね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
けん( @ikukenlabo )でした。

▼国立科学博物館周辺の駐車場情報こちら!

[kanren postid=”3382″]

▼どれだけ混雑回避をしても、人気イベントに行列はつきもの。暇つぶしになるゲームアプリです。
[kanren postid=”1987″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました