「どうして?」「なんで?」
 
 
5歳のむすめにとって、いろんなことが興味の対象で、すぐに「どうしてそうなの?」「なんでそうなっているの?」と聞いてきます。
 
私も、手元で調べられるものは調べて、むすめになるべくわかりやすく、伝えるようにして、自分にとっても物事の振り返りをしています。
 
 
で、今回の「どうして?」は・・・。
 
 
「どうやって人間は地球に生まれたの?」
 
・・・。
 
「むかしは恐竜しかいなかったんでしょ? どうして?」
 
・・・。
 
すぐに説明が出来ない。涙。
 
ということで、この知的好奇心の塊を満たすべく、上野に行ってきました。
 
私も知りたい!!
 
 
 

【上野】知的好奇心を刺激!上野公園~国立科学博物館

 
親になってみると、この上野という街の良さに改めて気がつきます。
 
 

上野公園

 
休日になると「ヘブンアーティスト」(東京都公認の 大道芸人さん)の方々のライブを間近に見ることができます。むすめはこれが大好きで、上野を散歩していると座り込んで、じっくり見ています。
不忍池あたりには、子供が遊べる遊具が若干ありますが、基本的には自然を楽しむつくりになっていますので、のんびりとした時間を過ごすことができます。
ですが、うちのむすめはからだ動かしたいキッズなので、私の手をひっぱったり、私のまわりを走り回っていますが(笑)、道幅が広いので、人にぶつかることもほとんどありません。
上野公園の噴水付近では、休みの日のほとんどでイベントが行われています。
屋台がずらっと並ぶことも多く、テンションがあがってきます。
 
 

国立科学博物館

 
上野公園イベント会場の喧騒を過ぎると、ちょっとした林道があり(この林道付近も好きです。シートを持参していたら、ひろげて休んだりできます)、国立科学博物館が見えてきます。
 
 
入場料は大人620円
 
(常設展示)
 
特別展示も毎回人気(今回は「深海」展。祝日なのもあってか、入場に2時間待ちでした!)ですが、常設展示だけでも非常に面白いです。
 
今回は人類の誕生を知りたかったので、地球館の地下2階へ。
地球館の地下2階は、「ワンフロアで46億年前の地球誕生から人類誕生までの流れを体感できる」非常にすばらしいレイアウトになっています!
人が誕生していく流れ(他のさまざまな生命の誕生も、進化も、衰退も)を、なんとなくつかみ、地球館1階にある「地球誕生から現在までの大型モニターアニメーション(説明が難しいですが、アニメのスポットと一緒に歩きながら見ると、楽しいです!)」で復習をし、本日は終了!
 
 
国立科学博物館は年間パスポートがあります。
年間1,030円!
(2回以上で元が取れます)
 
 
こどもは無料ですので、本当におすすめです。
一日では、回りきれませんので、。汗。
 

まとめ

上野はほかにも「上野動物園」「東京都美術館」「国際子供図書館」などなど。こどもの知的好奇心が刺激されるところばかりです。
家族連れと相性のよい、安心して過ごせる街だと思います。
 

というわけで、こどもと素敵な時間が過ごせますように!

けん

 
 









育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す