【30代男性向け】夏の洗顔にオススメできるメントール入り洗顔料

今回の記事は夏の洗顔について書きました。

夏の暑い日、顔をザブッと洗って、さっぱりしたくなりますよね。

さっぱりというとメントール。

スースー涼しく感じるメントールは夏の洗顔にぴったりではないかと思いつつ、

刺激も強そうだから、肌には悪い影響は無いのかな?と思ってしまいます。

今回は涼しく感じるメントール入りの洗顔料について調べてみました。

結論からいうとメントール入りの洗顔料でオススメなのは「キールズ フェイシャル フュール ジェル クレンザー フォー メン」です。

実は、30代以上の方向けスキンケア用品で、メントール入りの製品をほとんどみることができませんでした。

メントールは毒性はないとはいえ、神経を活性化する物質。

肌への負担を考えると、メントールは入れないという判断しているメーカーが多いのでしょう。

夏はメントール配合の洗顔料

そもそも、なぜメントールは冷たく感じるのでしょう。

それは、メントールが「冷たい!」を感じる神経【TRPM8】を活性化しているからです。

感覚神経繊維は極めて広い温度範囲での温度変化を感知でき、これは温度感受性である興奮性の一過性受容体電位(TRP)イオンチャネルの直接的活性化を伴う過程と考えられている。このようなチャネルの1つであるTRP melastatin 8(TRPM8、別名CMR1 [cold and menthol receptor 1])は、メントールのような化学的冷感物質により、あるいは周囲の温度がおよそ摂氏約26度以下に下がったときに活性化され、一次求心性感覚ニューロンによる寒冷刺激感知を仲介することが示唆される。
引用:natureasia.com

メントールそのものが冷たくて、体温を下げているわけではないのですね。

メントールの肌への影響

では、メントールを洗顔で使用したときの、肌への影響はどうでしょうか。

  • 神経への作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌効果
  • 防虫、忌避効果
  • 経皮吸収促進作用
  • 血流亢進作用

メントールにはそのような効果もあります。

ただしその一方で、場合によっては「かぶれ」を引き起こす可能性もあるようです。

接触皮膚炎は「かぶれ」と一般によばれています。これは外から皮膚についた化学物質が原因となって、皮膚に痒みや痛みを起こさせ、赤くなる、腫はれる、ぶつぶつがでる、ただれるなどの炎症をおこす病気です。
(中略)
刺激性接触皮膚炎は、刺激をおこす化学物質が濃い濃度で皮膚に付くと、だれにでも症状がでます。その原因は、化学物質が皮膚の細胞の膜を障害したり、代謝を障害したりして皮膚を傷めてしまうからです。
引用:厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル薬剤による接触皮膚炎

メントールは医薬品成分のため配合上限があります。

また、スキンケアにおけるメントールは「温冷感成分」とされ、清涼感を主な目的とした配合がなされています。

つまり、洗浄や保湿といったメインの要素ではないため、アクセント程度の配合です。

上記のような炎症を起こすような配合量にはなっていないことがほとんどでしょう。

気をつけるべきはゴシゴシ洗ってしまうこと。

むしろメントール入りの成分を気にするよりは、洗い方に注意が必要です。

気持ちがいいからと、体を洗うように顔をゴシゴシ洗ってしまうのはNGです。

それだけ皮膚が傷ついてしまいます。

洗顔料は泡に皮脂などの汚れを絡めて落とすもの。

必要以上に洗ってしまうと、本来あるべき肌の潤いまで奪ってしまいます。

まずは自分の肌質にあった製品を知りましょう。

洗顔する際に重要なのは、そのスキンケア化粧品が自分の肌にあっているかどうかのチェックです。

肌質分類は

  • 水分(みずみずしいorカサカサ)
  • 油分(脂っぽいor脂っぽくない)

「水分」の縦軸と、「油分」の横軸の2軸で、4つの分類ができます。

こちらのサイトでは、自分の肌質をチェックすることができます。

私の肌質をはじめて知ったのは、バルクオムがきっかけでした。

メンズコスメ BULK HOMME(バルクオム)ONLINE STORE

ちなみに私は頬はカサカサなのに、鼻やおでこがテカってしまう混合肌ということがわかりました。

混合肌は男性の肌に多い傾向のようで、保湿能が小さく、かさつきがちだが、脂っぽくなりがちな肌です。

30代男性にオススメのメンズメントールスキンケア化粧品

結論からいうと、唯一信頼できるメントール入りのメンズスキンケアは「キールズ フェイシャル フュール ジェル クレンザー フォー メン」です。

コンビニやドラックストアに売っているメントール入りの商品は、10代のオイリー肌向けのメンズスキンケア製品がほとんど。

私のように30代の混合肌には刺激が強すぎて、かえって肌を傷つけてしまいます。

今回、探してみてわかったのですが、30代向けのメントール入りスキンケア製品はほとんどありません。

なるべく肌へ優しい製品づくりを目指すと、刺激となるメントールは除外されていくのでしょう。

その中で唯一信頼できるメントール入りのメンズスキンケアは「キールズ フェイシャル フュール ジェル クレンザー フォー メン」でした。

キールズは、今から160年以上前にニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として創業し、科学、薬学、ハーブの知識を基に天然由来成分を配合した、スキンケア、ボディケア、ヘアケア製品をお客様に提供し続けています。
引用:公式サイト キールズについて

キールズは公式サイトでも購入できますし、Amazonや楽天、yahoo!ショッピングでも取り扱いがあります。

洗顔料だけでなく化粧水まであるので、30代男性の肌に丁寧なスキンケアになります。

30代の夏の洗顔に関するまとめ

さっぱりとしたくてメントール入りの洗顔料を探したくなりますよね。

ドラックストアやコンビニで販売されている夏の洗顔料のほとんどは、10代向けのオイリー肌用に作られています。

30代以上の方はメントールが刺激となり、肌を痛める可能性もあります。

唯一オススメできそうなのが、キールズでした。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

けん( @ikukenlabo )でした。

 

ちなみにメンズスキンケアではバルクオムもオススメです。

メントールは入っていませんが、混合肌の私にマッチした成分が多く含まれています。

ベース成分となる「グリセリン」や「ソルビトール」には保湿効果。

特徴的成分「クレイミネラルズ」は不要な汚れや余分な脂を落とします。

「​リンゴ果実培養細胞エキス」をはじめとする果実のエキスが、保湿と肌の引き締め効果をもたらしています。

さっぱりと清潔感のある香りで気にいっています。

▼今なら500円でお試し体験!公式サイトはこちら

メンズコスメ BULK HOMME(バルクオム)ONLINE STORE

▼バルクオムに関しては下記に詳しく書きました!

【まとめ】バルクオムの効果検証。バルクオムの効果が出やすい肌質とは? 使い続けて実感したリアルな感想【口コミ・評判】 ​

2018.04.11

【レポ有】「バルクオム」まとめ。よい口コミ、気になる口コミ、成分、効果、お得な<肌活コース>の紹介。

2018.03.03

バルクオムの洗顔料成分を調べてわかった、混合肌との相性の良さ

2018.04.14

バルクオムの化粧水、手抜きで使っても大丈夫なのか、成分や効果を調べてみました。

2018.05.01

【一覧有】バルクオムの値段・価格・割引情報。通販か店頭かどこで買うか。バルクオムのお得な購入方法。

2018.06.07









育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す