幹細胞コスメが注目される理由は? 幹細胞の効果を引き出す方法とは?

幹細胞コスメは、年齢とともに衰える肌の再生機能に働きかける化粧品です。
幹細胞ってなに?
どんな効果があるの?
そうした疑問を一緒に解決していきましょう。

<幹細胞>とは

幹細胞とは、失われた細胞を再び生み出して、補充するための能力を持った細胞のことです。

幹細胞には2つの能力があります。

自分と同じ能力をコピーする【自己複製能】
血液系や神経系に特化し、そのカテゴリ(組織)内で様々な細胞をつくりだす【分化能】があります。

人間の幹細胞は胚子段階からつくられます。

成長期はカテゴリを飛び越えて万能な幹細胞(多能性細胞)が、大人になるにつれ、血液系、神経系、とそれぞれのカテゴリに特化した幹細胞(組織幹細胞)になっていきます。

補足
ちなみに万能な幹細胞(多能性細胞)を、人工的に製造することに成功したのが、ノーベル賞を受賞したiPS細胞の研究です。

幹細胞は細胞の回復機能を持ちます。

幹細胞はこのように回復、再生機能を持っています。
ですが、幹細胞は年齢を重ねるごとに衰えてしまうのです。

そこに注目したのが幹細胞コスメです。

幹細胞の由来を知る。

幹細胞コスメは、幹細胞を注入するイメージがあるかもしれません。
ですが、そうではありません。
幹細胞コスメは、幹細胞エキスを使った化粧品です。
幹細胞エキスとは、幹細胞を人工的に生育、増殖させる際に分泌された有効成分。その有効成分が含まれた培養液を元につくられています。

幹細胞は植物由来、ヒト由来、動物由来の3種類。

幹細胞は植物由来、ヒト由来、動物由来の3種類があります。

補足
動物由来は国内ではほとんど流通されていませんので、ここでは割愛します。

植物由来の幹細胞は種類が豊富なことが特長。
一方でヒト由来の幹細胞はレセプターがあることが良いとされています。

でも一番注目すべきはなのは、あなたの肌との相性を知ることです。
化粧品そのものの効果を知るだけでは、その効果を最大限発揮できません。

種類が豊富な植物由来の幹細胞コスメをご紹介します。

植物由来の幹細胞エキスは種類が豊富だから、あなたの肌にあった幹細胞コスメが選べます。

JFエッセンス

JFエッセンスは4ヶ月腐らない希少品種のリンゴ幹細胞エキスや、5年雨が降らずとも枯れない奇跡の木アルガンツリーの幹細胞エキスが配合されています。

さらに、天然セラミド成分として高い保湿効果がある「セレブロシド」や、シワ対策の「シンエイク」(スイス・テクノロジーアワード受賞)や「フローレン」(高配合の証明R.Sマーク取得)といった貴重な成分も贅沢に配合されたスキンケア化粧品です。

幹細胞コスメセット 初回30%割引

▼JFエッセンスはこちらで詳しくレビューしています▼

【レビュー】幹細胞コスメ「JFエッセンス」の使用感まとめ|効果や成分、口コミや評判、値段やお得な割引情報【スキンケア】

2018.10.03

AGEST ステムエッセンス

AGEST ステムエッセンスは、みずみずしさとハリを与える「アルガン幹細胞エキス」、
乾燥などの外部ストレスから肌を守る「アルペンローゼ幹細胞エキス」、肌の土台の角質細胞をケアする「カミツレ幹細胞エキス」が配合されています。

さらに、天然由来のエイジングケア成分「ナノバクチオール」と細胞間に水分を巡らせる「アクアポリン」も配合された幹細胞コスメです。

AGEST ステムエッセンスは2018年モンドセレクションで銀賞受賞の実績もあります。

幹細胞美容液のAGEST

VINTORTE ボタニカルモイストシリーズ

ヴァントルテ独自のボタニカルウォーターデェンス処方で、水からこだわったVINTORTE ボタニカルモイストシリーズ。

スイスアルプスの高山植物から抽出した「ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス」
皮膚幹細胞に栄養を与え、紫外線や乾燥の外部刺激から肌細胞を守る効果があります。

あわせて「アルガニアスピノサ芽細胞エキス」「リンゴ培養果実細胞エキス」も配合。

さらに、保湿力を高める「ヒト型セラミド」が4種配合されているのも特徴的です。

ボタニカルモイストシリーズトライアルセット

自分にあった幹細胞コスメで潤いのある肌へ

幹細胞コスメは、年齢とともに衰える肌の再生機能に働きかけます。

注目すべきはなのは、あなたの肌との相性を知ること。
化粧品そのものの効果を理解して、あなたにあったスキンケアコスメを探してみてください。










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す