メンズスキンケアの入門書に最適。ブルータスの「グッドグルーミング特集」

8/16発売号のブルータス、ご覧になりましたか?

「グッドグルーミング特集」という目立つ表紙。

スキンケアが最近の関心ごとな私としても、大変読み応えのある特集でした。

「図解つきで丁寧」「頑張らない」。
一般紙のブルータスが扱うグルーミング(身だしなみ)特集だから、肩に力が入っていません。
それでいながら、興味のある方がはじめるきっかけとなるように、丁寧につくられた豊富な記事群。

スキンケアに関心のある方にはぜひともご紹介したい一冊です。

​図解つきで丁寧だから、メンズスキンケアの入門書として、わかりやすい。

引用:ブルータス No.876

興味はあるけど、いろいろと疑問が多すぎる。
具体的には何からはじめたらいいんだろう?

はじめてのことに取り組むとき、こんな気持ちになることってありませんか?

メンズスキンケアをはじめようとお考えなら、このブルータスはおすすめです。

 

「グッドグルーミング特集」はなんと70ページ近くのボリューム。
図解がふんだんに盛り込まれているのです。

引用:ブルータス No.876

洗顔料と化粧水はどんな役割があるの?
スクラブってよく聞くけど、どんな意味?

スキンケアの役割から、用語解説まで。
これからはじめてみようと思っている方の、教科書的な役割を担えるほどの丁寧さです。

独学で髭の手入れをしてきた身としては、羨ましい限りの特集になっています。

補足
毛抜きでぶつぶつ抜いて、その痛さに悶絶したり、当時物珍しかったヒゲトリマーにも投資しました

スキンケアはセンスじゃない。だから、はじめやすい。

身だしなみはセンスじゃないのがいいところです。

お洒落にはなんとなくセンスが求められそうですよね。

身だしなみはただの習慣なので、はじめやすい。

歯を磨くことと同じようなことなのです。

しかも実は、清潔感を求めていく習慣が、まわりまわってお洒落にもつながっています。

いい大人にとってのおしゃれとは、何を置いてもまず身だしなみです。
(中略)
そのためにはまず道具を揃えること、正しい作法を学ぶこと、大人になって必要十分な、身だしなみの知識を集めました。
(BRUTUS(ブルータス) 2018年9/1号No.876[GOOD GROOMING GUIDE])

正しい知識、適切な道具を使うこと。

この特集では、大人の身だしなみにまつわる道具たちが、ふんだんに紹介されています。

引用:ブルータス No.876

いいものを見る、知るってそれだけで楽しいですよね。

一般紙のブルータスだから、メンズスキンケア情報も手に取りやすい

 

 

「はじめてみたくなったけど、男がスキンケアってなんだかちょっと気恥ずかしいな」
その気持ち、わかります。

いきなり専門誌はハードルが高いですよね。
「本気か?」と思われてしまいそうです。

でも、ブルータスならさっと手に取れます。

しかも、このグルーミング特集で扱っているのは、スキンケアだけはありません。

  • 下着

徹底して清潔感にこだわったグルーミング特集です。

引用:ブルータス No.876

自分の手入れの範囲を無理なく広げていくためのガイドが網羅されています。
8/16発売号のブルータス、30代男性にはきっと役立つ内容です。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
けん( @ikukenlabo )でした。

 










育児と仕事の両立を楽しく考える

「育児と仕事の両立を、どう楽しく、どう充実させるか」
【お出かけ(子連れの東京下町)】
【読むこと(月30冊から厳選)】
【生活(健康とお金のこと)】
30代の早起きサラリーマンが書いてます。


コメントを残す